舗装路を楽しむスポーツサイクルには
大きく分けてロードバイクとクロスバイクがあります。
これから始める初心者の方から見れば
ハンドルの形状くらいしか違いが判らないかもしれませんが
実際には使用用途を含め大きな違いがあります。

一般的なママチャリを自家用車に例えるなら
クロスバイクはスポーツカー
軽快な走りを楽しみつつも
快適なエアコンやトランクルームも装備して
実用性も最低限損なうことがありません。

フラットな駐輪スペースでも困らないように
サイドスタンドがついていたり
歩道通行との段差でも簡単にはパンクしない
太目のタイヤが装備されます。

ゆったりとした速度で安定して走れるよう
長めのホイールベース
前傾になりすぎないアップライトな乗車姿勢
急坂で降車せずに走れるようワイドなギア設定
初心者の方でも安心して楽しんでいただけます。

重量も10キロ前後と一般のママチャリと比較して
かなり軽量ですので、週末のサイクリングも
充分楽しんでいただけます。

一方のロードバイクはレーシングカー
速く走ることに特化した競技用車両

実用性はクロスバイクと比較して劣りますが
間違いなく趣味性は高くなります。

競技だけでなく仲間と走るツーリングや
100キロを越えるとようなロングライド
丹沢や箱根の山道を制するヒルクライムなど
楽しみ方も色々

自転車本体は軽量であることが求められるため
装備は最低限。
高速での俊敏性を重視するため
ホイールベースは短めになっていますので
低速走行は苦手です。

乗車姿勢は長時間高い出力で
ペダルを漕ぐのに最適な前傾姿勢。
競技用途の自転車のためデリケートな設計ですので
歩道の段差などは速度を落とさないと
故障の原因になります。

まとめ

スポーツサイクルはご予算はもちろんのこと
今後の使用用途に合わせてお選びください。

もちろんご来店いただければ
お客様とご相談しながら
最適な一台をご提案させていただきます。