当店のライドイベントでも使用率が高まってきました
パワーメーター。
実測の出力が見れるだけではなく
日々のトレーニングの指標となる
様々な数値を算出することができます。

①FTP
1時間維持できる最大出力
他の数値を算出するための
必須の値ですのでパワーメーターを
導入したらまずは慣れたころに計測を。

②TSS
トレーニングの量(強度×時間)
一般的な走行距離の比較して
登坂や向かい風の負荷が影響するので
より正確にトレーニング量を確認できます。

③CTL
過去6週のTSSにより得られた
負荷を積み重ねた数値
休息すると下がります。
急な上げすぎも不調の原因となります。

④TSB
身体の調子(疲労)具合の指標となります。
CTLを上げるとTSBは徐々に下がります。
大きく数値を下げてしまうと体調を崩しやすくなります。

トレーニングは負荷と休息のバランス。
パワーメーター導入は
日々の積み重ねを数値で確認できることで
効率のいいトレーニング計画を実現します。

国内自転車メーカー専門店 山内輪店

神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰2-5-6-101
tel:045-514-7733
fax:045-514-7733
email:info@yamauchi-rinten.com
11:00~20:00
毎週水曜日 第一日曜日定休